ポイント解説今戸神社について

point-1今戸神社について

今戸神社といえば良縁招き猫が有名な縁結び神社です。

今戸神社鳥居

「古事記」の中で初めて結婚した男女の神である「イザナギノミコト」と「イザナミニノミコト」が祀られていることから 縁結びのご利益を求めて多くの婚活中女性が訪れています。

また、今戸神社がある今戸地区は江戸時代に初めて招き猫が作られた場所であり、その招き猫にあやかり男女ペアの招き猫が有名です。

こちらも休日はお参りをする社殿に辿り着くまでに長蛇の列が並ぶ婚活パワースポットとしても注目を集めています。

境内にはいくつもの招き猫が参拝者を出迎えてくれますが、最も注目を集めるのは社殿で手招きをする巨大な夫婦招き猫です。

今戸神社参道

右手をあげる招き猫は「人とのご縁を授ける」と言われており、夫婦の招き猫が「良縁」を招いてくれています。

また、招き猫と同じくらい目を引くのが絵馬掛けに掛けられた多数の成就絵馬です。

今戸神社では、祈願絵馬の願いが叶うと神様に成就を報告する成就絵馬を納める習わしがあります。

絵馬掛けには祈願絵馬と同じくらい成就絵馬が奉納されており、今戸神社のご利益を確信させてくれます。

今戸神社の絵馬は珍しい『真円形』の絵馬であり、「縁」と「円」の語呂を掛け合わせたものとされています。

毎月不定期で開催される「縁結び会」は参加料6000円(祈祷料込み)で参加できて、多くの婚活女性が参加されています。

縁結び以外にも新撰組の沖田総司の終焉の地としても有名であります。

今戸神社沖田総司


TOPPAGE  TOP