ポイント解説cat_h2

point-1神社に着いたら

神社に入る場合に気を付けること

【鳥居をくぐる】

神社に到着すると先ずは鳥居をくぐることになります。

鳥居は、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画する結界とされています。 つまり鳥居より向こうは神域となりますので、鳥居をくぐる際には身だしなみを整えて一礼することを忘れないようにしましょう。

また、鳥居をくぐる場合も拝殿に向かう場合も真ん中を歩くことはしません。

真ん中は「正中」と言われる『神様の通り道』だからなのです。

境内に入ると手水舎に向かいます。

「手水舎」は罪穢を祓う禊(みそぎ)の簡略化と考えられており、拝殿に進む前に心身を清めるためのものです。

こちらで体と心を清めて拝殿に向かいます。

【手水舎の所作】

1.右手で柄杓を持ち、水を汲んで左手に水をかけ左手を清めます。
2.左手に柄杓を持ちかえて、次に右手を清めます。
3.再び右手に柄杓を持ちかえて、左手に水を受けて口をすすぎます(この際水は飲まないで下さい)。
4.左手で口を隠し見えないようにしながら、口の中の水を出します。
5.口をすすぎ終えたら、もう一度左手を清めます。
6.最後に柄杓を立てて、残った水を柄に流してから伏せて置きます。


point-2二拝二拍手一拝

二拝二拍手一拝

手水舎で身と心を清めたら拝殿へ向かいます。

先ずは賽銭箱にお賽銭を入れます。

よく「ご縁」とかけて「5円玉」を入れる人もいますが、金額の大小にこだわる必要はありません。

賽銭箱に賽銭を投げ入れるのではなく、丁寧にそっとお供えしてください。

次に鈴があれば優しく振って鳴らしましょう。

【拝礼の作法】

拝礼の作法は、「二拝二拍手一拝」あるいは「二礼二拍手一礼」とされています。

表現は神社によって違いますが、基本的には「二回礼をし、二回手を叩き、一回礼をする」というものです。

1.深揖(しんゆう):軽く45度程度身体を曲げて頭を下げます。
  これは、これからお参りさせて頂きますという気持ちの表しです。

2.二拝(にはい):直立の姿勢から90度に身体を折り、頭を2回下げます。

3.二拍手(にはくしゅ):両手を胸の高さで柏の葉のように両手の指を揃えて打ちます。2度目の拍手をしてから願いを込めます。
  この際に自分の「住所・名前」など自己紹介してから願い事を願うと、神様がどこの誰かを知ることができるとテレビで江原啓之さんが仰っていました。

4.一拝(いっぱい):両手を下ろし感謝を込めてもう一度礼をします。

5.深揖(しんゆう):最後に軽く45度程度身体を曲げて頭を下げて礼をします。

最近では拝礼の作法については、賽銭箱周辺に書かれていることも多いです。

書かれている場合は、その作法に従って拝礼を行いましょう。


point-3参拝の服装で注意すること

神社への参拝は厳かなものなので、注意したいのが服装です。

と、言っても必ず正装していかないといけないというものではありません。

社頭参拝の場合は、よほど場違いな格好でない限りジーンズなどでもNGということはありません。

しかし昇殿参拝の場合はより神様に近付くこととなりますので、男性ならスーツ、女性ならばスーツかワンピースなどの服装が良いでしょう。

昇殿する場合は靴を脱ぐ場合が多いので、靴下の穴やストッキングの伝線などには注意して下さい。


TOPPAGE  TOP