商品詳細神社に着いたら

神社に入る場合に気を付けること

【鳥居をくぐる】

神社に到着すると先ずは鳥居をくぐることになります。

鳥居は、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画する結界とされています。 つまり鳥居より向こうは神域となりますので、鳥居をくぐる際には身だしなみを整えて一礼することを忘れないようにしましょう。

また、鳥居をくぐる場合も拝殿に向かう場合も真ん中を歩くことはしません。

真ん中は「正中」と言われる『神様の通り道』だからなのです。

境内に入ると手水舎に向かいます。

「手水舎」は罪穢を祓う禊(みそぎ)の簡略化と考えられており、拝殿に進む前に心身を清めるためのものです。

こちらで体と心を清めて拝殿に向かいます。

【手水舎の所作】

1.右手で柄杓を持ち、水を汲んで左手に水をかけ左手を清めます。
2.左手に柄杓を持ちかえて、次に右手を清めます。
3.再び右手に柄杓を持ちかえて、左手に水を受けて口をすすぎます(この際水は飲まないで下さい)。
4.左手で口を隠し見えないようにしながら、口の中の水を出します。
5.口をすすぎ終えたら、もう一度左手を清めます。
6.最後に柄杓を立てて、残った水を柄に流してから伏せて置きます。

TOPPAGE  TOP